借金500万円を任意整理で解決するには

借金500万円を任意整理で解決するには|借金500万円の債務整理

借金500万円を任意整理するにはどうすればいい?

 

そもそも500万円という大金を任意整理で解決できる?

 

ひと口に500万円といっても、これはかなりの大金です。

 

一般のサラリーマンの年収にも匹敵する金額を、どうやって任意整理で解決していけばいいのでしょうか・・。

 

実際に私も、債務整理で約500万の借金を解決しているので、解決不可能な金額ではありません。

 

もちろん、そう簡単ではありませんでしたが、その苦労は、自分が犯した借金の後始末ができると思えば、それほどつらいものではありませんでした。

 

それでは、あなたの500万の借金を任整理で解決できるかどうかを、検証していってみましょう。

 

あなたが毎月返済できる金額は?

 

まず、任意整理は自己破産と違って、借金の現金は返済しなければなりません。

 

そのため、分割で返済していくためには、毎月決まった返済額を支払っていくことになります。ですから、最低必要条件として、継続して収入を得られる仕事についていなければなりません。

 

次に、借金の元金となる500万円を均等払いしていく、毎月の返済額が支払えるかどうかということが問題になります。

 

任意整理は、通常3年間、長くても5年の間で借金の元金を完済しなければなりません。

 

例えば、3年(60回払い)で返済する場合には、500万円÷36回で、毎月、約138,888円返済し続けなくてはなりません。これは利息が免除されるとは言え、結構かなりな額ですよね。

 

では、最長の6か月(60回払い)ではどうでしょう?

 

500万円÷60回で8万3333円で、約83,333円とかなり楽になりました。とは言え、これもかなり厳しい金額に違いありません。

 

それでも、今のまま利息付きで返済することが考えたら、かなり楽にはなってきます。

 

後は、あなたがこの金額を、5年間返済し続けることができるか否かにかかってきます。

 

過払い金があるかどうか

 

次に着目したいのは、あなたに過払い金が発生しているかどうかです。

 

実は、580万もあった私の借金には、過払い金が発生していました。返ってきたのは約100万。これで、私の返済すべき借金額は、約480万に圧縮されました。とは言え、まだおおよそ500万ありますが・・・。

 

でも、もしこの過払い金の返還がなかったら、きっと私は任意整理できなかったと思います。

 

皆さんはどうでしょうか?

 

過払い金が発生しているかどうかは、債務相談すればその時に無料で確かめられますので、債務相談をしたときに確かめてもらいましょう。

 

もしそこで、私のように、100万円近い返還があったら、借金の元金500万円から100万円を引いて、残りの借金は400万ということになります。

 

そうなると、先ほどの計算式は、60回払いの場合なら、400万円÷60回で、月に約66,666円ということになります。

 

これでもちょっときついことはきついですが、今の借金をそのまま任意整理せずに返済していくことを考えれば、約半分の返済額となります。

 

 

今のまま500万円を返済していくとしたら

 

利息18%で500万円借金していたとして、それを60回で返済していく場合には、毎月126,967円 の返済が必要です。

 

もし、あなたが長期で借金をしているようなら、このような大きな過払い金が発生している可能性は少なくありません。

 

債務相談を受けるときには、まずこの過払い金の有無を確認してもらいましょう。

 

過払い金については以下のページで詳しくご説明していますので、参考にしてください。

 

過払い金いについて>>任意整理と過払い金

 

過払い金返還もなく、返済額が厳しい・・

 

もし、あなたの借金に過払い金が発生していなかったら、500万の借金の任意整理返済額が厳しいという方も少なくないでしょう。

 

特に、3年払いでは約14万円を毎月返済しなくてはなりません。しかし、多くの場合、あなたの返済能力がそこまでない時には、あなたが依頼した弁護士や司法書士が、返済期限を5年にしてもらえるよう、債権者(借入業者)に頼んでくれます。
それでも、5年の60回払いが最長で、その毎月の返済額は約84,000円ほど。

 

先ほどの、18%の利息で60回払いの返済(毎月約12万7千円)から比べれば、かなり楽とは言えますが、実際はかなり厳しいといえるでしょう。

 

私も、過払い金の返還があったとは言っても、もともとの借金額が580万もあったので、返還金の100万円を惹いてもまだ480万円。結局5年の返済にしてもらっても、毎月8万円返していましたので、その厳しさは痛感しています。

 

返済が出来そうになかったら

 

一回のサラリーマンが、毎月8万円以上の借金返済を続けるには、並大抵のことではいきません。

 

簡単に考えたら、500万円の結構高級な車を分割で買うのと同じです。まして、住宅ローンなどを抱えていたら、まず返済は不可能といえるかもしれません。

 

住宅ローンもなく、家族の協力が得られるのなら、それほど悲観するほどではないかもしれません。

 

とは言え、いずれにしても、安穏と返済を続けられる金額ではありません。

 

私も、実際そうでした。

 

しかし、私は家族にも知られる事無く、5年間で約480万の任意整理を無事終えることが出来ました。

 

家族のチカラも借りず、毎月返済できたかというと、それはズバリ、アルバイトをこっそりしていたからです。さらに、今まで飲んではギャンブルを繰り返していた生活を改め、小遣いも節約しました。

 

とにかく行き詰ってしまった借金生活から脱出するにはそれしか方法はありませんでした。人間追いつめられると、結構思っている以上のパワーが出るものです。

 

くじけようにも、くじけたら家族にもばれてしまうので、5年間は頑張らなくてはいけない状態でした。

 

そんな私の債務整理体験記も記していますので、参考にしてください。

 

体験記はコチラ>>私の580万の任意整理

 

それでも、無理は禁物です

 

私は副業のおかげでどうにか借金地獄から這い上がれましたが、無理は禁物です。

 

万が一、副業が会社にばれてしまって、会社規則で首になってしまっては大変です。また、無理しすぎて体を壊してしまったら、借金の返済どころではありません。

 

そのような時には、任意整理ではなく、個人再生を考えてみることをお勧めします。但し、家族にも内緒でおこなうのは、任意整理ほど簡単ではないかもしれないので、できれば、家族に相談することをお勧めします。

 

何しろ、任意整理なら裁判所を通すこともなく、弁護士や司法書士が債権者と直接交渉してくれるので、非常に手続きも簡単です。また、その手続きに必要な書類も、すぐに」手に入れられるものばかりです。

 

しかし、個人再生の大きな魅力は、借金そ大きく減額してもらえることです。例えば500万円の借金なら、返済額は100万円にまで減額されます。

 

個人再生についても以下でご説明しているので参考にしてください。

 

個人再生についてはコチラ>>任意整理と個人再生

 

いずれにせよ、500万円という借金を債務整理するには、専門家の知恵を借りることが不可欠です。

 

色々ある債務整理の中から、あなたの借金の現状や、収入、家族生活などから、あなたに一番適している借金解決方法をアドバイスしてくれます。

 

まずは、どのような解決策があるかどうかだけでも、話を聞いてみてはいかがでしょう?

 

 

 

ホーム サイトマップ