私が580万の任意整理をした体験記

私の580万の任意整理

500万以上を任意整理!

 

しがないサラリーマンだった私が、5年をかけて行った債務整理の体験をご紹介してみます。

 

今、借金の返済に困っているひとに、少しでもお役にたてたら幸いです。

 

実は、私はこの500万以上の借金を任意整理する前にも、一度任意整理を行っています。

 

そのことは、「2度目の債務整理・前篇」と「2度目の債務整理・後篇」で記していますので、もしよかったらお読みになってください。

 

ここでは、2度目の500万超になってしまった借金を任意整理した時のことについて書いてみようと思います。

 

こんな感じの借金でした

 

とうとうその日が来ました。

 

2007年8月。返済がまったく不可能になってしまいました。

 

もう自転車操業の新たな借り先はヤミ金しか残っていません。

 

本当に最後の一手、債務整理を行う決心をして司法書士事務所に任意整理を依頼しました。

 

その時の借り入れ状況が以下の通りです。

 

A社 195万円
B社 135万円
C社 93万円
D社 87万円
E社 30万円
F社 30万円
G社 7万

 

当時の私の借金は、以上7社からの合計577万円でした。

 

よくもまぁこれだけ貸してくれたものです。
あの頃はまだ、総量規制もない時代だったので、余計に借りやすかったのかもしれません。

 

しかし、総量規制が導入されてからも、抜け道はいくらでもあるようですから、これくらいの借金を持っている方は、今の時代もざらにいると思います。

 

減額してもらった

 

そして、そんな借金を任意整理することによって、過払い金返還を差し引いてもらった結果以下のようになりました。

 

A社 195万円→195万円
B社 135万円→100万円
C社 93万円→57万円
D社 87万円→54万円
E社 30万円→27万円
F社 30万円→27万円
G社 7万→7万

 

577万円あった借金の元金が、460万に減額してもらえました。

 

そして、その和解後の元金に対して利子の発生することのく返済を行っていくことになります。

 

また、任意整理は通常3年で返済していくことが多いのですが、私の場合は、最長の5年の猶予をもらい返済が始まりました。

 

何しろ、当時の私の年収が500万ちょっとだったので、どうにか5年の猶予を付けてもらえたようです。

 

それにしても、月に8万円の返済はかなりきついものはあります。女房には秘密にしていたので、当然 現状の小遣いから支払わなくてはなりませんで。

 

しかしそんな小遣いはもらっていません。さてさて・・・。

 

費用

 

私が支払った当時の費用です。

 

  • 債権者1件につき4万円(6件×4万円で24万円)
  • 諸費用1万5千円
  • 合計25万5千円

(いずれも税抜きです)

 

債務件数は全部で7社だったんですが、最後に書いてあるG社は、ある程度名前は知られてはいますが、はっきりいてちょっと危ない部類に入ると噂の業者でした。

 

そこで、残額が7万ということもあって、残りの6社との和解が成立するまで返済がストップする間に、通常返済月額の8千円程度を2万円程度にあげて、早めに完済してしまうようにしました。

 

※個人再生や自己破産の場合は、借り入れのある業者すべてに債務整理を行わなければなりませんが、任意整理の場合は、一部の債権者を除外にすることができるので、このような選択も可能です。

 

債務整理の支払いは分割で行いましたが、その支払いも非常に支払いが楽な方法で行ってもらいました。

 

その方法についてはそれぞれの事務所によってもまちまちですが、どこも支払いに無理な負担がかからないように考えてくれています。

 

↓債務整理相談で、貴方の借金がいくらになるか見積りしてもらえます↓

 

 

関連ページ

2度目の債務整理・前編
実は私、お恥ずかしながら2度の任意整理を体験しています。1度目は300万以上、2度目も500万を超す借金を整理しました。
2度目の債務整理・後編
500万以上の借金を債務整理した私の体験記です。2回目の任意整理で全ての借金を綺麗にして、現在はまっとうな人生を歩んでいます。

ホーム RSS購読 サイトマップ