債務整理

債務整理を考える|借金500万円の債務整理

債務整理

 

★債務整理いろいろ

 

債務整理というと、すぐに思い浮かべるのは”自己破産”かもしれません。

 

でも自己破産は最後の最後。まだほかに色々と借金整理の方法はあります。現在のあなたの状況に合った債務整理を選びましょう。

 

債務整理には大きく分けて以下のような方法があります。
それぞれの方法は別途それぞれの方法を紹介しているページで詳しくご説明しますので、どんな種類があるかだけ簡単に頭に入れておいてください。

 

 

@任意整理
債務整理の中でも多くの人が行っている整理方法委です。
但し、元金の減額はなく、利子をすべてカットしてもらい、現在残っている元金を返済していくという方法です。

 

利子だけのカットというと、あまり魅力は感じないかもしれません。
しかし、利子がないということは、返済金がすべて元金を削り取ってくれるので、非常に早く借金が減っていくことを体感できます。

 

※過払い金がある場合には、その金額分だけ元金から差し引いてもらうことができます。

 

A個人再生
任意整理と自己破産の中間的な債務整理方法といえます。
債務整理と違うことは、利子のカットばかりではなく、借金の元金自体が概ね1/5程度と大幅に免責されます。
また、現在所有している住宅など、一定の条件を満たしていれば財産を手放すことなく手続きできます。

 

B自己破産
現在のすべての借金の返済が免責され、元金の返済すら逃れることができます。
裁判所に申し立てを行い、その申し立てが認められた場合に自己破産が確定します。

 

但し、ギャンブルや浪費が原因でできてしまった借金については、任意整理や個人再生の場合には認められますが、自己破産の場合は認められません。

 

★専門家に依頼

 

債務整理は自分一人で行うこともできますが、裁判所にいったり債権者との話し合いをしたりと、素人ではなかなか難しいものです。

 

弁護士や司法書士に債務整理を依頼してしまえば、それらの業務をすべて代行してくれますので、貴方は何もすることはありません。
モチロン、債権者との話し合いもすべて弁護士や司法書士(以後専門家と称します)があなたに代わって交渉してくれます。

 

たとえ督促の電話などが現在かかっていたとしても、専門家に依頼すれば即その電話すら止めてもらうことができます。

 

↓現状に合った債務整理を探せ る無料シュミレーター↓

 

ホーム RSS購読 サイトマップ