利息と過払い金

任意整理と過払い金|借金500万円の債務整理

任意整理すると借金が0になる?

 

任意整理といっても、はたしてどのような借金の整理方法かピンと来ないかもしれません。

 

たとえば、自己破産のように、借金が0になって、返済がすべて免除されるのでしょうか?

 

残念ながら任意整理では基本的に借金は0になることはなく、利息だけ免除してもらい、現在残っている借入残高(元金)は返済しなければなりません。
しかし、利息が免除されるだけでも、返済はかなり楽にできるようになります。

 

また、利息制限法に基づいて引き直し計算をし、過払い金が発生している場合には、その分だけ現在の借入金額から差し引かれるのでさらに返済が楽になります。

 

※基本的に0にならないと書いたのは、まれにその過払い金額が長年にわたって発生していて、利息制限法に基づいて引き直し計算の結果が元金を上回るような金額になった場合があるためです。
このようなことがない限り元金が0になるということはありません。

 

 

過払い金

 

そもそも過払い金とはいったいどのような物でしょうか?

 

読んで字のごとく、払いすぎたお金のこと。金融業者が、法律(利息制限法)で決まっている金利以上の利息をかけてお金を貸し付けているいた場合に発生した、払いすぎた金利のことです。

 

利息制限法では、融資金額が10万円未満でも20%、100万円未満なら18%、100万円以上は15%と上限利率が決められています。

 

その金額を超えて過去に支払われた利息に関しては、引き直し計算を行い払いすぎていた利息は返還してもらう事ができます。

 

任意整理を行う時には、弁護士や司法書士が受任通知を債権者に送付する際に、取引開示請求も行い、過去の借り入れや返済の状況の明細書を債権者に提出してもらいます。

 

その資料を基に引き直し計算が行われ、過払い金の有無や払いすぎた金額の計算をし、過払い金が発生していれば、過払い請求を行うことになります。もちろん、過払い金はすべてのケースで発生しているものではないので、利息制限法で定められた利息通りに支払ったものは対象になりません。

 

↓任意整理・過払い金相談↓

 

ホーム RSS購読 サイトマップ