任意整理と個人再生

任意整理と個人再生|借金500万円の債務整理

任意整理と個人再生の違い

 

債務整理には自己破産の他に、任意整理と個人再生といった方法があります。

 

任意整理と個人再生|借金500万円の債務整理

自己破産はしたくないという場合には、その他の任意整理または個人再生といった方法を選ぶことになりますが、それらはいずれも利息のカットや減額で返済額が圧縮されたとしても返済義務は残ります。

 

そのため債務整理を始めた後も、減額後に残った借金の元金だけは返済していく事になります。
(※状況により自己破産しか手立てがないという場合もあります。)

 

任意整理は、借金の元金だけを返済するでけで、利息についてはすべて免除(払わなくてよい)になります。

 

利子がなくなる分、今までのようにいくら返済してもなかなか借金が減らないといったジレンマから解放され、見る見ると気持ちよく元金が減っていきます。

 

また、過払い金が発生している場合には、多く支払いすぎていた利息を過去にまでさかのぼって返還してもらえます。

 

私も任意整理を行った際、100万以上の過払い金を返金してもらえたので、その後の返済もかなりに楽になりました。

 

そのため、こんなにたくさんの和解書もどうにかきれいに清算することができました。

 

↓私の多重債務の和解書の山↓

 

 

一方、個人再生は大きな減額が望めます。

 

返済する元金は現在の5分の1まで減額されるので、500万円の借り入れがあるとしたら、返済額は100万程度まで圧縮されます。

 

但し、こチラの方がはるかに返済の負担は軽くなりますが、その分個人再生を行える条件は任意整理よりも厳しくなります。

 

また、いずれの方法も基本的には3年(場合によっては5年)の分割返済が行えます。

 

個人再生の条件

 

個人再生は、債権者と直接交渉する任意整理とは違い、自己破産と同様に裁判所を通じて減額をしてもらう手続きです。

 

そのため、法的にいろいろと決められた条件が整っていなければ行えません。

 

しかし、減額幅や、現在ローン中のマンションや住宅などを手放すことなく行うことが出来るので、その条件をクリアできれば、借金整理が非常に楽になります。

 

その条件とは、以下のようなものです。

  • 借金額が、住宅ローンを除いて5,000万以下である事。
  • 減額後の借金の返済をきちんと支払っていける能力がある事。

 

と、このあたりのことはまず問題なく通過できると思います。

 

しかし問題は、車や高額な資産価値のあるものを所有している場合。また、生命保険を解約した金額や退職金などが高額に上るといった場合はちょっと厳しくなります。

 

 

要するに、「財産があるならまずはそれを換価して、少しでも借金の返済に充ててくださいよ」と、債権者に要求されてしまうということです。

 

これはお金を貸した側からすれば、ごく当然のことですよね。

 

ですから、私産がある方にとっては個人再生を行えない場合があります。

 

しかし、その金額はどこまでが対象とになるのかと判断するのは素人には難しいことです。

 

一概に、車を所有しているから個人再生ができないなどということもないので、まずは専門家に見積もってもらうことをお勧めします。

 

条件面が通れば、今悩んでいる500万の借金は、1/5の100万円と大幅減額されるので、その後の返済は非常に楽になります。

 

 

↓個人再生の相談事務所紹介ページ↓

 

私は通りませんでしたが・・・

 

私も580万という大きな借金を債務整理しました。

 

個人再生で整理できればありがたい!と思って司法書士事務所に相談しました。

 

しかし、保険や退職金を試算した結果その額は思いのほか大きく、その他諸々も合わせて見積もらった結果、やはり個人再生は無理ということで断念しました。

 

(退職金も保険の解約金も、それぞれ勤続年数やかけている年数が長かったため、試算するとかなりいい金額になってしまいました。)

 

 

あの時の私は、それで債務整理をあきらめるなどと、悠長な事を言っていられない情況だったので、もう一つの方法である任意整理を行うことにしました。

 

個人再生まで減額はできなかったものの、それでも100万以上の過払い金が清算できたので、どうにか借金を清算することが出来ました。

 

もし、私のように個人再生が行えなかったとしても、借金生活との決別を真摯に考えていれば、任意整理でもキレに整理できます。

 

また、あまり勤続年数が長くない方や、高額な車などを所有していなければ、十分個人再生のチャンスはあるのではないかと思います。

 

いずれにしても、長年の経験と実績のある法律事務所で相談すれば、必ずや人生をもう一度やり直すチェンスを得ることが出来ますので、一日も早く行動に起こすことをお勧めします。

 

私の経験からすれば、「なんでもっと早く腰を上げなかったのだろう」と悔いた程ですから。

 

 

↓任意整理も含めて相談するなら↓

 

 

↓匿名で専門家に相談したいならこちら↓

 

ホーム RSS購読 サイトマップ