500万の借金を副業しながら任意整理

副業も考慮に入れる?|借金500万円の債務整理

副業しながら任意整理

 

債務整理をしても、返済のために副業をしている人が多く見受けられます。

 

特に任意整理をしている場合には、任意整理後も月に数万円の金額を返済している人もかなりいます。何故なら、過払い金が発生していて、それを減額してもらったとしても、多くの人はまだ300万、400万と元金が残っているケースが多いからです。

 

家族も承知で債務整理している場合なら、通常の収入で返済もできると思いますが、家族に内緒で返済しているという人はなかなかそうもいきません。

 

そのため、こっそり副業しながら返済しているというわけですね。

 

ちなみにサイト管理人の私も、女房に内緒で580万の借金を任意整理するために、必死で副業して完済した経験の持ち主です。

 

何しろ過払い金の発生があり減額されたものの、まだその後に440万も返済が残っていましたから・・・。

 

任意整理してもそんなに大変なの?

 

たとえば500万を任意整理する場合、過払い金が100万あり減額してもらったとしても、減額後にまだ400万残り、その400万を分割で返済して行くことになります。

 

となると、最長5年の分割が認められたとしても、年間80万は返済しなければなりません。単純計算すると月に約66,666円の返済。任意整理したとしてもこのような返済金額は残ります。

 

しかし、任意整理は債務整理の中でも比較的に簡易で、しかも費用も他の方法より少なく済む方法のため、このくらいの返済額はやむおえないものでしょう。

 

それでも、任意整理しなければ、今までの返済は月に10万を超えていたでしょうから、それから比べればかなり楽になることは日を見るより明らかです。

 

任意整理では厳しい人は個人再生

 

それでも任意整理では返済が厳しいという人もいるでしょう。

 

そのような場合には、個人再生という方法を取るようになるでしょう。

 

コチラは、500万を超える債務の場合、5分の1の返済で借金整理ができますが、任意整理よりかなり制約があるので、すべての人がこの方法を取れるというものではありません。

 

↓匿名で専門家に相談可能↓

 

ホーム RSS購読 サイトマップ