500万の借金を債務整理するためには?

TESTページ!アップする時はこれを消してから

借金500万円どうする?

500万円もの借金を

どうすれば債務整理できる?

 

TESTページ!アップする時はこれを消してから

 

500万の借金を債務整理するには

 

 

もしあなたが、500万円もの借金の返済に行き詰り、債務整理を考えていたら・・。

 

このサイトはそんな方に向けて、自身でも580万円という借金を債務整理で解決したサイト管理人が、500万円の債務整理について綴ったサイトです。

 

500万の借金の和解書
580万の借金の和解書の一部

 

 

時間的にも、生活的にも猶予のある方に向けてではなく、もう切羽詰まってしまい、明日の身の振り方にも困ってしまっているという方に向けた内容になっています。

 

そのため、自力で500万円の借金を解決するための方法や、してしまった借金を反省し、悔い改ながら生活していく方法などは、あえてここではご紹介していませんので、あらかじめご了承ください。

 

今、追い詰められている返済をどうすればいいのか、どうすれば債務整理を成功させられるかということだけに的を絞って、直球で債務整理をご紹介しています。

 

何しろ、どれだけ借金をしてしまった自分を悔いたとしても、返済日は待ってはくれません。体験者だからこそ、その状態がどれほどシビアなものか、身に染みてわかっています。

 

でも、あなたの500万円の借金も、債務整理によって解決することができますので、心配することなく、重い腰を上げて債務整理に取り組んでみてください。

 

 

前置きはさておき、早速500万円の借金の債務整理についてご紹介していきましょう。このサイトがあなたの500万の借金整理のお役にたてれば幸いです。

 

目次

債務整理を依頼するとどうなる?

弁護士または司法書士に債務整理を依頼すると、債権者(貸金業者)に債務整理を行う旨の通知を行ってくれます。その通知が債権者に届くと、以下の措置がすぐに取られます。

 

TESTページ!アップする時はこれを消してから

督促電話や取り立てがぴたりと止まる

債権者は債務者に直接に接触できなくなります。

 

元金の返済および利子の発生が一旦ストップする

弁護士や司法書士が行ってくれる債権者との債務整理の交渉が済むまで、一時的に毎月の返済をすることがなくなります。

 

 

 

 

そうなると、こんな心配から貴方は開放されます!

 

TESTページ!アップする時はこれを消してから

今月の返済どうしよう・・・。

 

もう、これ以上借金できない・・。

 

もう消えてしまいたい・・・。

 

 

 

 

とにかく大事なことは、債務整理への最初の一歩を踏み出す事です。

 

いつまでも躊躇せず、借金地獄から抜け出すことだけを考えることが肝心ですよ。

 

債務整理がスタートすれば

今月の返済にも目途が立っていないという方、さらには、もうすでに督促が来ている方も、債務整理が始まれば、その時点でその悩みから解放されます。

 

なぜならば、上述の通り債務整理を始めると宣言することで、返済は一時的にストップされます。また、あなたに貸し付けを行っている金融業者は督促や取り立て行為を行うこともできなくなります。

 

そして、何よりも、法の専門家である弁護士や司法書士があなたの代理人となって、あなたをバックアップしてくれるのですから、これほど心強いものはありません。

 

返済及び利息の発生が一時的にストップ

 

債務整理をする場合には、弁護士、または司法書士にあなたの代理人となってもらい(特定調停を除く)、債権者(借金の借入先の業者)と交渉していってもらいます。

 

その際、代理人から債権者に向けて、これからあなたが債務整理をする旨、受任通知※1を送ってもらいます。その通知が債権者に届いた時点で、今までおこなっていた返済が一時的にストップします。

 

また、返済がストップするだけではなく、ストップしている期間にかかる利息の発生もストップします。

 

※1受任通知
代理人があなたから債務整理の委任を受けて、債務整理をおこないますという連絡通知。

 

督促、取り立てのストップ

 

受任通知が債権者に届くと、返済の一時ストップと同時に、督促状の送付や電話もぴたりと止まります。

 

もちろん、取り立て行為も違法なので、同じくおこなうことはできません。

 

これらは、法によって定められているので、それを破れば、その業者はペナルティを受けることになります。よほどの闇金のような業者でなければ、きちんと法を遵守してくれるので安心してください。

 

債務整理を落ち着いて行える

 

まずは、債務整理のスタートを切れば、以上のような状態にすぐになりますので、多少心にゆとりを持つことができます。

 

一時的ではありますが、返済がストップすることで、身を削るような「返済の恐怖」から逃れられ、冷静に借金を解決することに集中することができます。

 

また、督促や取り立てといった恐怖からも解放され、借金の恐怖で病んでしまった心も解きほぐされます。

 

あとは、専門家である、あなたの代理人の指示に従って、債務整理を履行していけば良いだけです。

でもやっぱり心配!債務整理の心配事Q&A

債務整理を依頼しようと思いたっても、いろいろなことが心配ごとがクリアになっていないと、その決意が揺らいでしまいがちです。

 

結局、その決断をするために、あちこちのホームページをさらに回遊することになります。

 

そこで、債務整理についてのよくある心配事についてまとめてみましたので、ここであなたの心配事をクリアにして、債務整理への第一歩を踏み出してください。

 

債務整理の検討中、よくある心配事TOP10Q&A

TESTページ!アップする時はこれを消してから


家族や会社などに借金が知られてしまうとまずい

 


奥さん、またはご主人を含めた家族から、勤務先や親せき知人までの誰にも知られることなく、借金整理をすることも可能です。

 

会社の人事などに債務整理情報が流れるということもないので、仕事上も何も問題はありません。

 

※私も実際に、任意整理で家族の誰にもばれずに債務整理を済ませています。

 

>>参照ページはコチラ

 


債務整理する費用がない

 


費用は分割で支払いが可能で、しかもその支払い方も負担が少ない方法があります。

 

依頼されるほとんどの方が手持ちのお金がない状態で債務整理をスタートさせていますのでご安心ください。

 

※私も申し込み当時の手持ちは0円でした。

 

>>参照ページはコチラ

 


家族への影響はない?

 


債務整理は、あなた個人だけの問題にとどまります。

 

家族名義のクレジットカードが使えなくなるとか、勤め先や学校に通知されるなどといったことは一切ありません。

 

貴方の債務整理に関係なく、ご家族は今まで通り普通に暮らすことができます。

 

※債務者名義になっている家族の電話については、任意整理以外の個人再生、または自己破産を行う場合には、電話機本体の代金が分割で支払い途中であると、使用できなくなる可能性があります。詳細は使用している電話会社にお問い合わせください。

 

 


財産を手放さなくてはならない?

 


ほとんどの場合、財産を損なうことなく債務整理が行われています。

 

しかし、どうしても自己破産を行わければ解決できない状態だったり、個人再生での整理を望む場合には、一部の財産の処分が必要な場合もあります。

 

尚、任意整理なら、財産の処分をすることなく行えるので、この方法で解決することをお勧めします。

 

※財産の処分の有無については、法律事務所の無料相談で、貴方の現状を専門家に伝え、確認してみましょう。ほとんどの場合財産を損なうことはないと思います。

 

※私は任意整理でしたので、全く心配ありませんでした。

 

 


債権者(サラ金)から脅されそうで怖い。(面倒なことになるのが怖い)

 


債務整理がスタートすると、サラ金などの債権者は、債務者(アナタ)に直接コンタクトすることが法律上できなくなります。

 

全てあなたが依頼した法律家があなたの代理人になりますので、督促の電話すらもすぐにストップします。

 

※1度返済金額を間違えたときにも、直接電話が来ることもなく、きちんと法律事務所経由で連絡がありました。

 


弁護士にお説教されそうでイヤだ

 


少なくても、債務整理の無料相談を掲げている法律事務所の弁護士や司法書士には、借金に苦しむあなたに対してそのようなことを言う人はいません。

 

親身になって相談をおこなってくれるので、安心して相談してみてください。

 

※私の場合は、暖かい言葉をいただき感動しました。

 


ギャンブルの借金でも平気?

 


ギャンブルや浪費で作ってしまった借金でも、自己破産はできませんが、任意整理と個人再生については可能です。

 

専門家に相談するときには、包み隠さずすべてを打ち明けてください。そのことによってとがめられることもなく、スムーズに相談が行えます。

 

※私の場合は完全にギャンブル&浪費でした。

 


債務整理する費用がもったいない

 


債務整理の費用と、支払い続けている利息を計算して比べてみてください。

 

債務整理をした方がどれだけ安上がりか火を見るより明らかです。

 

※私の場合は、過払い金もあったので、債務整理の費用を差し引いても大幅に支払い額は少なくなりました。

 


専業主婦でも債務整理できる?

 


任意整理と自己破産に関しては行うことができます。

 

個人再生は「継続して収入を得られる」ということが条件になっているので、残念ながら専業主婦が個人再生を行うことはできません。

 


債務整理2度目でも大丈夫?

 


以前に一度債務整理をおこない、借金を綺麗にしたにも関わらず、不覚にも再度借金をしてしまったという方も少なくありません。

 

安心してください、2度目の債務整理を行うことは可能です。でも借金は、もうこれきりと反省して債務整理に臨んでくださいね。

 

※実は不覚にも私は2度目でした。

 

どうですか?借金返済で切羽詰まっていた心は少しは落ち着きましたか?それではいよいよ、債務整理がどのように流れていくのかその手順を、ここからじっくりとご紹介していきましょう。

債務整理の流れ

ここからはいよいよ、債務整理をおこなっていく流れについてご紹介していきましょう。

 

大まかな流れは以下のような感じになります。

 

但し、債務整理には、4つの解決方法があります。後述していますが、その方法の中から、自分に合った方法を探し出すことから始まります。

 

それには、専門的な知識が必要になるので、必ず弁護士、または司法書士といった債務整理をおこなえる専門家の相談が必須です。

 

弁護士、または司法書士に依頼する

 

自分に合った方法が見つかったら、弁護士、または司法書士に債務整理を依頼することに

 

 

 

 

 

債務整理の4つの方法

債務整理というと、どうしても自己破産が頭に浮かんでしまう人は少なくありません。しかし債務整理には、その人の借金の状況や生活、また収入といった現在の状況により、その人に最適な方法が異なってきます。

 

自己破産以外の債務整理は、借金がすべてなくなるというものではなく、現在残っている借金の元金を減額してもらうなど、債務者の返済が可能になるように、債権者に考慮してもらう方法になります。

 

債務整理の種類

 

債務整理の方法は、全部で4種類あり、それぞれ大雑把に説明すると、下記のようなものになります。

特定調停

 

弁護士や司法書士に依頼せず、裁判所に仲介してもらいながら、債務者が債権者に返済の軽減を交渉していく方法。

 

任意整理

 

現在支払っている利子の支払いが免除され、現在残っている元金のみを3年〜5年かけて返済していく。

 

個人再生

 

ローン返済中のマイホームを失うことなく、現在残っている借入元金が1/5に減額され、その元金を3年かけて返済していく方法。

 

自己破産

 

返済するすべがなく、「支払い不能」に陥った場合、その借入金すべての支払い義務を免責してもらう方法。

 

多くの人がおこなっている債務整理

 

債務整理をおこなっている人の中で、一番多くおこなわれている債務整理は任意整理です。

 

任意整理は、債務者の代理人が、債権者に直接交渉をおこなっていくため、裁判所を介することもなく、簡易的におこなえるため、多くの人が利用しています。

 

他の2つと比べて、返済額はあまり減りませんが、債務整理を履行する際にあまり制限などの縛りがなく、取り組みやすい任意整理です。

 

例えば、家や高額な車、財産などがあっても、任意整理することでそれを失うことはありません。また、手続きも非常に簡潔で、提出書類もすぐに手に入るものばかりです。

 

但し、過払い金※2の減額が見込めない場合には、利息の免除のみなので、返済がきつくなってしまいます。

 

そのため、500万円の借金を任意整理するには、過払い金が発生しているかどうかの確認が必要です。

 

※2過払い金について
以前は、利息の上限が厳しく取り締まられていなかったため、多くの貸金業者では、高額な利息で融資が行われていました。
そのような融資を取り締まるため、改めてリそ制限法が制定され、その上限を超えて融資していた取引に対しては、払いぎていた利息を取り戻すことができます。
その払いすぎていた利息のことを過払い金といって、任意整理の際には、過払い金が発生していた場合、その金額分を元金から差し引いてもらう交渉ができます。

 

500万の借金が100万に減額?!

 

債務整理の方法の中の「個人再生」は、任意整理とは違い、大きな減額が見込めます。例えばあなたの500万の借金はどうなるでしょう?

 

いくつかの条件がありますがその条件さえクリアできれば、なんと500万が100万円にまで減額されるということになります。

 

しかも、その返済は3年の分割が許されるので、月に3万円程度の返済していくことで、あなたが苦しもがいている500万円の借金は解決してしまいます。

 

但し、任意整理のように簡易的な方法ではないので、裁判所に認めてもらわなければならなかったり、多額な財産を所有している場合には、その財産を処分しなければならない場合があります。

 

(ローン中の住宅は、その財産から除外することができます)

 

それでも、減額幅が大きいので、大きな財産を所有していない場合には、専門家に相談してみましょう。

 

残念ながら個人再生ができなかったとしても

 

条件的に個人再生ができなかったとしても、任意整理でも500万円の借金解決は不可能ではありません。個人再生の減額まではいきませんが、過払い金が発生しているとしたら、ある程度の元金の減額が期待できます。

 

私も法律事務所で個人再生を検討してもらいましたが、残念ながらローンの住んでいた持ち家の関係など、いくつかクリアできないことがあり、それはかないませんでした。

 

それでも、過払金が発生していたので、それをしっかり取り戻してもらいながら行った任意整理で、7〜8件もあった多重債務をきちんと解決することが出来ました。

 

どの債務整理で借金地獄から抜け出せるかは、現在のあなたの収入や資産、生活環境など様々な状況により異なります。

 

もちろんそれは、弁護士や司法書士といった専門家が親身に相談に乗ってくれます。

 

どうにもならなかったときだけ自己破産

 

任意整理でも、個人再生でも解決できない場合には、残念ながら自己破産をすることになります。

 

しかし、多くの人は自己破産に迄至らず、任意整理か個人再生で借金生活から抜け出せています。それでも、どうにもならなかったとしても、自己破産の場合には、借金そのものがなくなるので、返済をすることも免除されます。

 

確かに、高額の財産がある場合には、それらを処分して債権者に返済しなければなりませんが、通常の生活を営む者については、手元に残すことができます。

 

いずれにしても、あなたの借金状況からみて、どの方法が一番見合った方法かを、専門家に見立ててもらうことが必要です。

街角法律相談所

弁護士や司法書士に相談するのは、やっぱり腰が引けてしまうという」と方には・・

 

 

 

匿名で相談できる、こんなサービスがお勧めです。

 

 

 

こちらは、今評判の「借金問題シミュレーター」で解決策を探る、無料債務相談サイトです。

 

 

 

こんなサービスを使って、つらい借金生活から解放された事例も、それぞれのサイトで紹介されていますので、是非チェックしてみてください。

 

借金解決シミュレーターの3つの設問に答えるだけで、「いくら借金が減るのか?いくら現金が戻るのか?」といったことから、貴方に合った解決方法までを専門家が回答してくれます。

 

 

 

そのあとの債務整理の依頼も簡単に行えます。

債務整理窓口

債務整理はどこで相談すればiいい?
債務整理はどこで相談すればiいい?

 

債務整理の実績があり、相談者にとって最適な債務計画を提案してくれると、ネットでも評判の良い法律事務所を掲載しています。

 

無料相談はメールや電話で、債務整理の詳しい方法や費用の見積もり、また過払い金の調査をはじめ、あなたに合った債務整理について相談を受けてくれます。

 

相談の結果、そのまま依頼することも可能です。その場合にはすぐに対応してくれるので、素早く債務整理をスタートすることができ、特に急いでいる方にはお勧めです。

 

まずは匿名で相談してみたいという方は、上記でもご案内いたしました、「街角法律相談所」、または「あなたの法律相談Cafe」といった、シミュレーションから始めるサービスがお勧めです。

 

匿名で相談できるサービスのご紹介は、以下のバナーをクリックしてください。

 

また、弁護士や司法書士の事務所が行っている債務相談に、直接相談の申し込みを希望される方には、以下にご紹介する事務所がお勧めです。

 

弁護士や司法書士事務所の債務相談

 

☆すべて全国対応

 

■債務整理の費用
それぞれの方法にかかる費用は?


ホーム RSS購読 サイトマップ