500万の借金を債務整理するためには?

借金500万の債務整理!500万の借金返済が困難になったら

借金500万円どうする?

500万円もの借金を

どうすれば債務整理できる?

 

借金500万の債務整理!500万の借金返済が困難になったら

 

500万の借金を債務整理するには

 

 

借金を債務整理で片付けると一言でいっても、500万円もの借金整理はそもそも可能なのでしょうか?

 

 

答えから言ってしまえば、500万円を債務整理することは十分に可能です。

 

何しろ、一介のサラリーマンだった私も、5年という歳月はかかたものの、580万円の借金を任意整理という方法できちんと解決できたのですから。

 

 

しかし、その債務整理を行うには、いったいどのような手順を踏んで進めていけば良いのかが問題ですね。

 

このサイトでは、そんな500万の債務整理をお考えの方に、債務整理の進め方について順を追ってご説明していますので、是非ご参考にしてみてください。

 

ちょっとその前に

 

 

借金を債務整理で解決しようと思っても、すべて自分でおこなうのは、素人にとって至難の業です。

 

そんな時、あなたの現状や今後のことを見据えながら、適切な借金解決のアドバイスしてくれるのが、法律事務所が行っている無料の債務整理相談です。

 

その相談で、あなたが債務整理を行う決断がついたら、そのままその法律事務所に依頼すれば、その法律事務所がすぐに貴方の代理人となって動いてくれ、その後あなたはそれに従って行動するだけです。

 

債務整理の難しいところはすべて法律事務所がおこなってくれるので安心してください。

 

(※もちろん、相談したからといって、そこで債務整理を依頼しなければいけないというわけではありません。)

 

前置きが長くなってしまいましたが、このサイトがあなたの500万の借金整理のお役にたてれば幸いです。

 

 

借金500万目次

 

500万の借金は債務整理以外で解決できる?

 

500万の借金を債務整理をせずにで解決することは可能なのでしょうか?

 

500万の借金は債務整理

 

もしあなたが、このまま500万円の借金を通常に返済するとしたら?

 

ある、消費者金融の返済シミュレーターで計算してみました。

 

シミュレーターを試した消費者金融の返済期間は、80回払いが最長でしたので、それで試算してみると次のような結果でした。

 

500万円の借金を、年利18%の80回払いで返済したとすると、毎月の返済額が107,714円。そしてそれを80か月続けると、合計8,617,120円で完済となります。

 

現状のまま返済を続ける場合

  • 借入額:500万円
  • 利息:年利18%
  • 返済回数:80回(約6年8か月)
  • 総返済額:合計8,617,120円

 

毎月107,714円を約6年8か月払い続け、その利息はなんと何と3,617,120円にも及びます。

 

もちろん、今の時点で返済することがきつくなってしまっているので、この計算は全くの空論といえるでしょう。

 

おまとめローンならどう?

500万の借金は債務整理

 

それなら、銀行系の利息が安いおまとめローンならどうでしょう?

 

もし年利4.5%で借りられたとしたら(現在の債務状況からみて無理だとは思いますが)、上記と同じ80回払いで計算してみると以下のような結果です。

 

毎月の支払いが72,459円で、80回合計の返済額合計は、5,796,720円でした。

 

銀行系おまとめローンの場合

  • 借入額:500万円
  • 利息:年利4.5%
  • 返済回数:80回(約6年8か月
  • 総返済額:合計5,796,720円

 

例え年利4.5%借でり換えができたとしても、利息は796720円かかります。しかし、現在のあなたの状況からみると、4.5%の年利での審査を通すことはまず難しいでしょう。

 

また、色々な金融業者に借り入れを申し込んでも、どこにも借りられない状況であれば、このようなおまとめローンの審査自体、通ることはまず不可能でしょう。

 

担保や保証人を付けたら?

500万の借金は債務整理

 

おまとめローンの審査には、今のままでは通らないかもしれませんが、もしあなたが家や土地を保有していたら、それを担保にして、低金利でおまとめローンが組める可能性はあるでしょう。

 

また、金融業者によっては、しっかりとした保証人(もしあなたが返済不能になっても、保証人に支払い能力がある場合)を付けることで、借入ができることもあるかもしれません。

 

しかし、それは非常に危険です。今の状況を逃れるために無理して借り入れができたとしても、もし返済が頓挫したら、それこそ万事休すです。

 

家も土地も無くなります。また、保証人を付けていたら、あなたの焦げ付きはすべて保証人に請求が行きます。

 

担保を付けることも、保証人を立てることも、確実に返済が出来るという何らかの裏付けがない限り決してしないでください。

 

債務整理を逃れたい気持ちはわかりますが・・

500万の借金は債務整理

 

多くの人は、どうにかして借金を自力で返済しようと色々考えます。しかし、上述のとおり、現在行き詰ってしまった状態では、無理をすればさらにひどい状態になってしまうのは火を見るより明らかです。

 

債務整理だけは逃れたいという気持ちは、私も同じ500万の借金に行き詰った経験があるのでよくわかります。

 

しかし、ここは冷静になって、行き詰ってしまった500万の借金を真摯に受け入れましょう。

 

上記のいずれの方法よりも安全で確実に、借金地獄から脱出できる債務整理とうい方法をこれからご説明していきますので、落ち着いてこのピンチを切り抜いてください。

 

 

債務整理をおこなうことにより、以下のような救済を受けることが可能になります。
※現在の借金や生活、収入などの状況により、債務整理の方法は変わります。

 

債務整理をおこなった場合

 

利息を免除してもらう

債務整理の方法:任意整理

  • 借入額:500万円
  • 利息:0(免除)
  • 返済回数:36〜60回
  • 総返済額:合計500万円

※過払いが発生している場合には、総返済額からその金額分程度差し引いてもらうことが可能です。

 

 

大幅に減額してもらう

債務整理の方法:個人再生

  • 借入額:500万円
  • 利息:0(免除)
  • 返済回数:36
  • 総返済額:合計100万円

 

 

借金をなしにしてもらう

債務整理の方法:自己破産

  • 借入額:500万円
  • 利息:0
  • 返済回数:0
  • 総返済額:0円

 

※弁護士または司法書士に依頼して債務整理をおこなう場合には、その費用が掛かりますが、債務整理をおこなわずに、今のまま返済を続けていった場合に発生する利息から比べれば、その費用は決して高いものではありません。

 

しかし、高くはないとしても、今現在その費用を捻出する術はない・・。という方でも安心してください。その方法はちゃんと用意されています。

 

費用の件も含め、債務整理の心配事とその対策について、次の項目でご紹介しています。

 

↓詳しくは専門家に相談! ↓

 

 

債務整理の心配事Q&A

 

債務整理を行うに当たっての心配事を晴らしていきましょう

 

債務整理の心配事Q&A

 

債務整理を依頼しようと思っても、いろいろなことが心配になって躊躇してしまう人は多いものです。よくある心配事についてまとめてみました。

 

借金500万の債務整理!500万の借金返済が困難になったら


家族や会社などに借金が知られてしまうとまずい

 


奥さん、またはご主人を含めた家族から、勤務先や親せき知人までの誰にも知られることなく、借金整理をすることも可能です。

 

会社の人事などに債務整理情報が流れるということもないので、仕事上も何も問題はありません。

 

※私も実際に、任意整理で家族の誰にもばれずに債務整理を済ませています。

 

参照ページはコチラ>>家族に内緒で債務整理

 


債務整理する費用がない

 


費用は分割で支払いが可能で、しかもその支払い方も負担が少ない方法があります。

 

依頼されるほとんどの方が手持ちのお金がない状態で債務整理をスタートさせていますのでご安心ください。

 

※私も申し込み当時の手持ちは0円でした。

 

参照ページはコチラ>>債務整理の費用がない

 


家族への影響はない?

 


債務整理は、あなた個人だけの問題にとどまります。

 

家族名義のクレジットカードが使えなくなるとか、勤め先や学校に通知されるなどといったことは一切ありません。

 

貴方の債務整理に関係なく、ご家族は今まで通り普通に暮らすことができます。

 

※債務者名義になっている家族の電話については、任意整理以外の個人再生、または自己破産を行う場合には、電話機本体の代金が分割で支払い途中であると、使用できなくなる可能性があります。詳細は使用している電話会社にお問い合わせください。

 

参照ページはコチラ>>債務整理したときの家族への影響

 

 


財産を手放さなくてはならない?

 


ほとんどの場合、財産を損なうことなく債務整理が行われています。

 

しかし、どうしても自己破産を行わければ解決できない状態だったり、個人再生での整理を望む場合には、一部の財産の処分が必要な場合もあります。

 

尚、任意整理なら、財産の処分をすることなく行えるので、この方法で解決することをお勧めします。

 

※財産の処分の有無については、法律事務所の無料相談で、貴方の現状を専門家に伝え、確認してみましょう。ほとんどの場合財産を損なうことはないと思います。

 

※私は任意整理でしたので、全く心配ありませんでした。

 

参照ページはコチラ>>債務整理すると財産はどうなる?

 


債権者(サラ金)から脅されそうで怖い。(面倒なことになるのが怖い)

 


債務整理がスタートすると、サラ金などの債権者は、債務者(アナタ)に直接コンタクトすることが法律上できなくなります。

 

全てあなたが依頼した法律家があなたの代理人になりますので、督促の電話すらもすぐにストップします。

 

※1度返済金額を間違えたときにも、直接電話が来ることもなく、きちんと法律事務所経由で連絡がありました。

 


弁護士にお説教されそうでイヤだ

 


少なくても、債務整理の無料相談を掲げている法律事務所の弁護士や司法書士には、借金に苦しむあなたに対してそのようなことを言う人はいません。

 

親身になって相談をおこなってくれるので、安心して相談してみてください。

 

※私の場合は、暖かい言葉をいただき感動しました。

 


ギャンブルの借金でも平気?

 


ギャンブルや浪費で作ってしまった借金でも、自己破産はできませんが、任意整理と個人再生については可能です。

 

専門家に相談するときには、包み隠さずすべてを打ち明けてください。そのことによってとがめられることもなく、スムーズに相談が行えます。

 

※私の場合は完全にギャンブル&浪費でした。

 


債務整理する費用がもったいない

 


債務整理の費用と、支払い続けている利息を計算して比べてみてください。

 

債務整理をした方がどれだけ安上がりか火を見るより明らかです。

 

※私の場合は、過払い金もあったので、債務整理の費用を差し引いても大幅に支払い額は少なくなりました。

 


専業主婦でも債務整理できる?

 


任意整理と自己破産に関しては行うことができます。

 

個人再生は「継続して収入を得られる」ということが条件になっているので、残念ながら専業主婦が個人再生を行うことはできません。

 


闇金も債務整理できる?

 


そもそも闇金というのは、不法行為です。借りたお金自体返済することはないのですが、そのようなことをすれば、もちろん大変な取り立てや脅し、嫌がらせの嵐が待っています。

 

だからといって解決できないわけではありません。しかし、通常の弁護士や司法書士は難しいですが、闇金対策に精通した弁護士や司法書士もいます。

 

闇金に困っていたら、闇金に強い弁護士や司法書士に相談してください。

 

参照ページはコチラ>>ヤミ金専門の相談窓口

 


債務整理2度目でも大丈夫?

 


以前に一度債務整理をおこない、借金を綺麗にしたにも関わらず、不覚にも再度借金をしてしまったという方も少なくありません。

 

安心してください、2度目の債務整理を行うことは可能です。でも借金は、もうこれきりと反省して債務整理に臨んでくださいね。

 

※実は不覚にも私は2度目でした。
参照ページ>>2度目の債務整理体験談

 

「弁護士や司法書士に相談するのは、やっぱり腰が引けてしまうという」と方には・・

 

匿名で相談できる、こんなサービスがお勧めです。

 

そのサービスとは、今評判の「借金問題シミュレーター」で解決策を探る、「街角法律相談所」という無料債務相談サイトです。

 

このサービスを使って、つらい借金生活から解放された事例も紹介されていますので、是非チェックしてみてください。

 

 

街角法律相談所

 

借金解決シミュレーターの3つの設問に答えるだけで、「いくら借金が減るのか?いくら現金が戻るのか?」といったことから、あなたに最適な相談所を全国から探しだしてくれます。

 

またお急ぎの場合には、相談後にそのまま債務整理の依頼を簡単に行えます。

 

街角法律相談所をチェック
↓    ↓   ↓

 

 

 

このようなサービスなら、「いきなり法律事務所に電話するのもちょっと・・」という方にもお勧めです。

 

弁護士や司法書士の事務所がおこなっている債務相談に、直接相談の申し込みを希望される方には、こちらの事務所がお勧めです。

 

弁護士・司法書士事務所の相談窓口は、以下のバナーをクリックしてください。

 

 

 

債務整理を依頼するとどうなる?

 

債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、今月の返済はどうなる?

 

いずれかの債務整理を弁護士や司法書士に依頼すると、その弁護士、または司法書士があなたの代理人となって、債権者との交渉が始まります。

 

まずあなたの代理人は、債権者(貸金業者)にあなたが債務整理をおこなうことを通知してくれます。その通知が債権者に届くと、以下の措置がすぐに取られます。

 

借金500万の債務整理!500万の借金返済が困難になったら

督促電話や取り立てが止まります

債権者は債務者に直接に接触できなくなり、あなたに対しての取り立てや督促をおこなうことができなくなります。

 

元金の返済および利子の発生が一旦ストップする

債務整理が弁護士や司法書士が行ってくれる債権者との和解交渉が済むまで、一時的に毎月の返済がストップします。

 

何よりも、専門家が味方についてくれたことで、大きな安堵感を覚えます。

 

 

 

そうなると、こんな心配から貴方は開放されます!

 

借金500万の債務整理!500万の借金返済が困難になったら

今月の返済どうしよう・・・。

 

もう、これ以上借金できない・・。

 

もう消えてしまいたい・・・。

 

 

 

 

とにかく大事なことは、債務整理への最初の一歩を踏み出す事です。

 

いつまでも躊躇せず、借金地獄から抜け出すことだけを考えることが肝心ですよ。

 

 

債務整理にはどのような方法がある?

 

債務整理の方法

 

 

債務整理というと、どうしても自己破産が頭に浮かんでしまう人は少なくありません。しかし債務整理には、その人の借金や生活、また収入といった現在の状況により方法は異なってきます。

 

大雑把に各整理方法を説明すると、下記のようなものになります。

 

債務整理の種類

特定調停

弁護士や司法書士に依頼せず、裁判所に仲介してもらいながら、債務者が債権者に返済の軽減を交渉していく方法。

 

任意整理

現在支払っている利子の支払いが免除され、現在残っている元金のみを3年〜5年かけて返済していく。

 

個人再生

ローン返済中のマイホームを失うことなく、現在残っている借入元金が1/5に減額され、その元金を3年かけて返済していく方法。

 

自己破産

返済するすべがなく、「支払い不能」に陥った場合、その借入金すべての支払い義務を免責してもらう方法。

 

 

500万の借金が100万に減額?!

 

 

たとえば債務整理の方法の中の「個人再生」を行うとあなたの500万の借金はどうなるでしょう?

 

いくつかの条件がありますがその条件さえクリアできれば、なんと500万が100万円にまで減額されるということになります。

 

しかも、その返済は3年の分割が許されるので、月に3万円程度の返済していくことで、あなたが苦しもがいている500万円の借金は解決してしまいます。

 

残念ながら個人再生ができなかったとしても

 

 

条件的に個人再生ができなかったとしても、まだ任意整理という方法があります。個人再生の減額まではいきませんが、もし過払い金が発生しているとしたら、元金の減額も期待できます。

 

私も法律事務所で個人再生を検討してもらいましたが、私の状況ではそれに至ることはできませんでした。

 

それでも、過払金などもしっかり取り戻してもらいながら行った任意整理で、7〜8件もあった多重債務をきちんと解決することが出来ました。

 

どの債務整理で借金地獄から抜け出せるかは、現在のあなたの収入や資産、生活環境など様々な状況により異なります。

 

もちろんそれは、弁護士や司法書士といった専門家が親身に相談に乗ってくれます。

 

 

 

債務整理にかかる費用はどれくらい?

 

それぞれの方法にかかる費用は?

 

 

 

債務整理にかかる費用は、それぞれの法律事務所によってかなり違いがみられます。

 

特に任意整理は、成功報酬とか基本報酬、減額報酬や過払い報酬など報酬金額の表記が統一されていないので非常に分かりずらくなっています。

 

500万の任意整理の場合には、多重債務で借入件数が多いと思われますので、「借入件数×報酬金額」の「金額」がいくらかに着目してください。

 

その債権者1件についての報酬額が2〜3万円といったあたりが相場になります。

 

また、個人再生は法律事務所に30万程度と、再生委員会に別途20万程度がかかります。

 

そして自己破産は25万円前後ですが、財産がある場合(少額管財事件)には別途、管財人費用として20万円程度が必要になります。

 

 

債務整理相談おすすめの窓口

 

債務整理はどこで相談すればiいい?

 

 

債務整理の実績があり、相談者にとって最適な債務計画を提案してくれると、ネットでも評判の良い法律事務所を掲載しています。

 

無料相談はメールや電話で、債務整理の詳しい方法費用の見積もり、また過払い金の調査をはじめ、あなたに合った債務整理について相談を受けてくれます。

 

相談の結果、そのまま依頼することも可能です。その場合にはすぐに対応してくれるので、素早く債務整理をスタートすることができ、特に急いでいる方にはお勧めです。

 

まずは匿名で相談してみたいという方は、上記でもご案内いたしました、「街角法律相談所」のシミュレーションから始めるサービスがお勧めです。

 

匿名で相談できるサービスのご紹介は、以下のバナーをクリックしてください。

 

 

 

また、弁護士や司法書士の事務所が行っている債務相談に、直接相談の申し込みを希望される方には、以下にご紹介する事務所がお勧めです。

 

 

弁護士や司法書士事務所の債務相談

すべて全国対応

 

 

アヴァンス法務事務所

【債務相談無料】

 

★多重債務で借り入れが多い方にはお勧めの費用設定!
★TVコマーシャルも配信している、大手の安心感ある法務事務所です。

 

WEB(パソコンまたはモバイル)で債務整理の進行状況が確認できます。

 

【債務整理費用】

 

任意整理費用

 

※債権者数によって、各種費用がパックになっています。
1社〜3社:1社につき50,000円(税抜)
4社〜5社:1社につき40,000円(税抜)
6社以上:1社につき20,000円(税抜)
減額報酬:なし
過払報酬:16%〜
事務手数料:1社につき1万円(税抜)

 

自己破産費用:25万円(税抜)〜
(※但し少額管財事件はプラス税別30万円前後)

 

個人再生:報酬28万円(税抜)〜
(再生委員に支払う費用としてプラス税別20万円(税抜)前後)

 

 

↓事務所詳細・相談申込みはこちらから↓

 

 女性専用の債務整理相談窓口も設置されています。同じ女性の相談員があなたのお悩みをお解決してくれます。

 

↓事務所詳細・相談申込みはこちらから↓

代表司法書士

  • 姜 正幸
  • 大阪司法書士会所属 第4065号
  • 簡裁訴訟代理等関係業務認定番号 第312005号

 

【女性専用窓口】

債務Lady

 

【債務相談無料】

 

★女性専用の債務整理サービス
★家族にも内緒の借金相談にも対応!

 

同性の女性スタッフが対応してくれるので、相談しやすいと女性の相談者に評判の窓口です。

 

【債務整理費用】

 

任意整理費用
着手金:なし
基本報酬:1社あたり20,000円(税抜)
減額報酬:10%
個人再生費用:35万円(税抜)〜
自己破産費用:25万円(税抜)〜

 

↓事務所詳細・相談申込みはこちらから↓

債務Lady

 

代表司法書士

  • 金井一美
  • 大阪司法書士会:会員番号3137号
  • 法務大臣認定第612044号

 


【ヤミ金相談】

ウイズユー司法書士事務所

 

【債務相談無料】

 

★ヤミ金の取り立てを即日ストップ!
★会社や家族に知られず解決も可!

 

ヤミ金は、通常の法律事務所では対処できないところもありますので、ヤミ金に強い弁護士に相談してください。
借りた元金の返済も不要!もし、闇金にまで手を出してしまっていたら、一度ご相談してみてください。

 

【債務整理費用】

 

ヤミ金解決費用
1社5万円(税抜)〜
件数が多くなる場合、別途見積もり
※後払い・分割可

 

↓詳細・相談申し込みはこちらから↓

 

代表司法書士

  • 奥野正智
  • 大阪司法書士会会員:簡裁認定司法書士 第312416号

 

もしあなたがヤミ金の取り立てに困っていたら、ヤミ金対策のホームページを参考に対策を講じてください。
ヤミ金対策のホームページ>>ヤミ金の取り立てが会社にまできていたら

 

 

私が500万円の借金の重さを思い知ったとき

 

平凡なサラリーマンだった私は、500万以上の借金に潰れそうになりました・・

 

 

当時の私の借金総額は、実に580万程度ありました。一人で悩んでいたあの頃は、本当につらい毎日でした。

 

月末は借金の返済金の工面に東奔西走。もう仕事どころではありません。

 

私のころは、まだ総量規制などないころでしたが、さすがにこの金額だと大手は貸してくれません。

 

それでも返済金はどこからか用立てなくてはなりません。毎晩家族が寝静まるのを待って、融資してもらえそうな所を一心不乱にパソコンで検索していました。

 

 

そんなおり、借り入れしている大手が、次々と私の債務状況に気づき始めました。

 

それまでは返済するや否や、すぐに限度額いっぱいまで引出し、次のATMに返済に走るという手を使っていました。

 

しかし、現状を知られてしまってからは、私のカードに猶予があっても、もう引き出すことはできなくなってしまいました。ただ返済するためだけのワンウェイカードと変わってしまたんです。

 

 

 

もうギブアップです。

 

どうにかギリギリで回していた返済も、これでもうどうにも回りません。

 

そんな状態になり、改めて500万という借金の大きさを実感しました。

 

このままではこの怪物につぶされるのは時間の問題です。もう、こうなったら生き残る道はただ一つ、「債務整理」だけです。

 

今まで融資してくれそうなところを必死にパソコン検索していましたが、その日からは一変、「債務相談」の検索が始まりました。

 

 

 

借金500万の債務整理!500万の借金返済が困難になったら

 

そんな私に、債務相談の返信メールは勇気をくれました。これならいける!」と、前を向くことができました。

 

どうか真摯に借金と向き合ってください。

 

実際に私も580万という借金から抜け出せているのですから。

 

今はもう債務整理も無事終わり、借金のあった頃の憂鬱でビクビクしていた生活から抜け出せています。

 

そして、あのことを何も知らない家族と一緒に、食事や旅行にも出かけることができています。

 

趣味にも没頭でき、仕事も順調です。

 

 

債務整理は、思っているほど難しいものではありませんでした。

 

どうか借金に苦しんでいる貴方も、借金という苦難の海原から、借金解決という港へと向かう航路に舵をとってみてください。

 

 

 

 

 

あなたの人生の貴重な時間を大切に!

 

踏ん切りさえつけば、債務整理でその500万の借金は綺麗に片付きます!

 

 

あなたの大切な時間をこれ以上、借金のことで無駄使いしないためにも、一日も早く今の借金を片付けてしまいましょう。

 

今まで述べてきたように、500万もの多重債務だからといっても、それを債務整理で解決することは決してあなたが思っているほど困難なことではありません。

 

現に私は任意整理でキレイに片付いています。

 

そして、債務整理をおこなうという踏ん切りがつけることで、私を含め多くの人たちは、人生を再スタートできる切符を得ることがでました。

 

 

きっと、最初の相談だけでも、今の悩みや苦しみの70〜80%は取れてしまうでしょう。

 

なぜなら、貴方の借金解決策を明快に示してくれ、それを基に借金の無い未来図を明確に描いてくれるからです。

 

 

明るい未来がはっきりと見えれば、もう不安はありません。

 

その未来図に納得できたら、あとは債務整理を依頼をするだけ。専門家が道先案内人となって、借金解決という未来へ貴方を導いてくれます。

 

その時、きっと私同様に「もっと早く相談すればよかった!」と思われることでしょう。

 

 

あなたの借金がなくなった暮らしを考えてみましょう

 

最後にひとつ、こんなイメージをしてみてください。

 

 

貴方が今の借金生活から解放されたことを思い描いてください。いったいどのように あなたの生活は変わっているでしょうか?

 

解決方法は何も考えなくて結構です。現実をちょっとの間だけ忘れて目をつむり、とにかく借金から開放されたという結果だけをイメージしてみてください。

 

 

例えば、こんなイメージ

  • 借金の返済を気にせず、仕事に集中できる毎日
  • 借金を知られることに怯えることなく、家族と接することのできる日々
  • 借金の督促も来ることもなく、のんびりと過ごせる休日の時間
  • 借金のことを考えずに、家族と行く温泉旅行

 

 

 

どうでしたか?考えただけでも、胃のあたりがちょっとばかり軽くなったのではないでしょうか。

 

そんな未来を貴方が実現させたいと思ったら、勇気をもって一歩踏み出してみてください。一本踏み出すだけで、あなたのイメージした未来が具現化されるのです。

 

私もその一歩を踏み出した一人なので、その一歩がどれほど重い一歩かはよくわかります。でも、踏み出したからこそ借金のない生活を取り戻すことができました。

 

もし、周りの誰もがあなたの今の借金を知らない状況であったなら尚更、あなた自身がアクションを起こさなければ、だれもあなたに手を差し伸べてはくれません・・・。

 

 

自己破産は最終手段。それ以外にも債務整理にはいろいろな方法があります。あなたの借金がこれ以上膨れ上がってしまう前に、一度 相談だけでも受けてみてはいかがですか?

 

 

 
 

債務整理を検討する際に参考にしてみてください